Fujisawa Design Week

開催概要

コンセプト
『藤沢への愛』
藤沢デザインウィークは、辻堂、江の島、藤沢の各地域でデザインテーマを設定し、各地域にある「魅力」の発見、創造と「元気」のイメージを創出し、藤沢への「郷土愛」と「誇り」につなげていくプロジェクトです。 主催:藤沢デザインウィークコンソーシアム(藤沢市、特定非営利活動法人デザインアソシエーション、湘南ロボケアセンター株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、東京ガス株式会社ほか)

FUJISAWA DESIGN WEEK 2016 in TSUJIDO

日程:2016.11.25 fri -12.18 sun(展示期間)

コンテンツ:

  1. オモロボワークショップ
  2. 北斎インスパイア展
  3. スーパーロボット展
  4. FUJISAWA 建築トークセッション

北斎漫画インスパイア展

藤沢市アートスペース若手クリエイターが北斎に挑む!インスパイア展 巡回

人物のあらゆる生態をはじめ、江戸の風俗文化や、全国の名所風景を描いた「北斎漫画」。「インスパイア展」とは、偉大なる芸術家から受けたインスピレーションを源に、 過去と現代のクリエイターを結ぶ企画展。「北斎漫画」にインスパイアを受け、様々なジャンルのトップクリエイターと藤沢市アートスペース若手クリエイターが競演展を開催。

日時:11/25(金)-12/18(日)
※月曜休館
10:00-19:00
会場:藤沢市アートスペース
神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2
ココテラス湘南6階



出展者一覧


スーパーロボット展

ロボット特区の藤沢市。今手に入るロボットを集める「ロボテラス」のある辻堂。
これからの未来を魅せるスーパーロボット展を開催。

クリエイターが制作する「ロボット、もしくは人間を拡張するデバイス」をテーマに、最新のテクノロジーを搭載したロボットを展示。クリエイティブなアイデアをロボットや拡張装置に注ぎ、未来のデザインやテクノロジーを搭載したイマジネーション溢れるロボット作品が集結します。

日時:11/25(金)-12/18(日)
10:00-17:00
会場:湘南ロボケアセンター ロボテラス
住所:神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1アイクロス湘南3階
アクセス:辻堂駅北口下車 徒歩4分



出展者一覧


FUJISAWA 建築トークセッション

東京2020オリンピックのセーリング会場 藤沢の江の島エリア。
新国立競技場を手がける隈研吾氏を招いた、講演会を開催。

日時:2016年12月4日(日)10:30-12:00
会場:アイクロス湘南6階 神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-1
アクセス:辻堂駅北口下車 徒歩4分

【第一部】隈 研吾 講演テーマ:オリンピックと建築
【第二部】トークセッション ゲスト:桐島ローランド

事前申込受付は終了しました。

(Photographer/Director/Total Creator/3D Director)


kengo-kuma.png建築家 隈研吾

オモロボ・ワークショップ

日本全国の小中学生を対象としたクリエイティブアワード。ワークショップを経て上がったアイディアをクリエイターが具現化。

テーマ:オモロボ
古くは鉄腕アトム、鉄人28号、ドラえもん、ガンダム、エヴァンゲリオン、、、ロボットは、常に日本の子どもの側にある未来を感じさせる象徴です。日本がこれまで快進撃を魅せる領域で子どもの自由な発想・アイディアを公募します。

土佐信道講師:明和電機 土佐信道

1日目:11/12(土) 発想ワークショップ

会場:テラスモール湘南 北アトリウム(ユニクロ前)
(JR辻堂駅北口 駅前) 時間:第1回目 13:00 - 14:30
第2回目 16:00 - 17:30

たくさんのご参加ありがとうございました!

2日目:11/13(日) 設計ワークショップ

会場:テラスモール湘南 北アトリウム(ユニクロ前)
(JR辻堂駅北口 駅前) 時間:10:00 - 16:00

定員:1日目ワークショップからの選抜12人(無料・事前申込制)

step1 アタマに栄養&ひらめく

omorobo-method_1.jpg

まずは脳みそマッサージ。アイデアを生み出しカタチにする方法を解説します。発想が浮かばない、と思ってる人も「おかしな発想シート」でナンセンスなオモチャが自動的にヒラめく!

step2 スケッチをかく

omorobo-method_2.jpg

ヒラめいたアイデアをスケッチ。下手でもOK。大事なことはアタマの中から、イメージを外に取り出すこと。それがモノ作りの第一歩!

step3 設計する

omorobo-method_1.jpg

制作で大事なことは、「どうやって作るか?」という計画。社長から素材、しくみ、作り方などのアドバイスを受け、計画を立てます。

step4 作る

omorobo-method_2.jpg

いよいよオモチャ作り。工作ルームの材料と機材を使い、工作のアドバイスを受けつつ、とにかく手を動かします。

step5 見せる

omorobo-method_2.jpg

完成したら公開プレゼンテーション。見せることは、作ることと同じくらい大事です。プレゼンのポイントなどを指導しつつ、発表の映像を撮影します。